【ダイエット】7キロ以上痩せれば見た目が変わる!

7キロダイエット
スポンサーリンク

女性の永遠の目標「ダイエットで痩せて美しいボディを手に入れる」、この為に日々運動・食事制限をし、摂取カロリーを削減し脂肪を減らすために皆がんばっていると思います。

私も幼い頃から体型にコンプレックスがあり、小学生の頃からありとあらゆるダイエットに取り組んできました。

りんごダイエットに始まり、バナナダイエット、ヨーグルトダイエット、縄跳び・ウォーキング・ランニング・ついにはお風呂で着る謎のサウナスーツまで購入しました。

しかしどれも効果はなく、全て途中で挫折してしまいました。

その後、無理な食事制限をして約12キロの減量に成功しましたが、その体重を保つ数年の間は今思い出しても異常な食生活をしていたと思います。

そんな私も、現在は最高体重より約9キロ減量した体重を、特に食事制限やハードな運動を無しにキープしています。

様々なダイエットに挑戦し、現在の体重に落ち着くまでの結果を振り返ってみようと思います。

スポンサーリンク

ダイエットを続けていた理由

冒頭に書いたように、私は幼少期から体型にコンプレックスがあり、様々なダイエットに挑戦してきました。

幼いころからぽっちゃり体型でしたが、一時期は153センチ、体重は最高で55キロまで増えた事がありました。

男性から、むっちりしてる・ケツがでかい・足が太い等言われるのは日常茶飯事、付き合っていた彼氏からもあきれられるほど日々太っていっていました。

食べる事が大好きで、ダイエットで食事制限をしてもいつもすぐに挫折していました。

何をしても痩せないし、水を飲んだだけでも太ってしまう程太りやすい体質で、どんなダイエットも効果が出ず、長続きしないので、日々様々なダイエットに挑戦し続けている状態でした。

ダイエットの近道は塩分コントロール

現在は好きなものをある程度好きなだけ食べても、あまり太らなくなりました。

その理由の一つは、自分には「甲状腺機能低下症」という持病がある事がわかったからです。

この病気は、TSHという甲状腺刺激ホルモンに異常がある病気で、基礎代謝が下がり、むくみや倦怠感・疲労がなかなか回復しない等さまざまな体調不良をもたらす病気です。

この病気が原因の一つとなり、とてもむくみやすい体の状態になっていたのです。

この事がきっかけで、自分は単純に太っている訳ではなく、むくみやすい体質なのだという事がわかりました。

同時に食事の塩分をコントロールして、むくみにくい体質作りを心掛けるようになりました。

これが、私には抜群にダイエット効果があるように感じます。

塩分の取り過ぎがむくみに繋がる

「細胞と細胞の間に余分な水分が残ってしまう状態」をむくんでいる、といいます。

血管と細胞の間では、常に水分の交換が行われ、通常、血管から出た水分は、また血管で吸収されます。

しかし、この水分の吸収が十分に行われないと血管の外(細胞と細胞の間「細胞間液」)に余分な水分が溜まってしまうことになり、結果「むくみ」につながります。

細胞間液の成分はカリウムナトリウムですが、この両方をバランスよく摂取する必要があります。

ナトリウムである塩を過剰に摂取すると、このバランスが崩れてむくんでしまいます。

しかし、塩分を控えすぎると、体に必要なミネラルまで不足してしまいます。

ミネラルは、骨や歯、血液など身体を作るための材料で命を維持するために必要不可欠な栄養素であり、血液をサラサラにしたろ、体のさびをとってくれる効果もあると言われています。

その為、極端な減塩はおすすめしません。

減塩

まず手始めに、ただ単純に、全ての食事の塩分を少しずつ減らしてみました。

しかし、すぐに濃い味の食事がとりたくなる為、次に有機野菜・オーガニック食品に食材を切り替えていきました。

そうする事により、食材そのものに旨味がある為薄味でも十分美味しいと感じる事が出来るのです。

ミネラル豊富な塩

塩化ナトリウムの他、カリウムを含むさまざまなミネラルからできていて、バランスの整っている天然塩を使用するようになりました。

私のおすすめは、沖縄自然塩のシママースです。

カルシウム・カリウム・マグネシウムが豊富に含まれ、旨味のある塩です。

軽く塩をふるだけで、肉も魚もとても美味しく食べられます。

無理な運動ダイエットは続かない

ウォーキングならまだしも、ランニングや筋トレなどのハードな運動は、初心者には続きません。

そのうえ、きちんと準備運動やストレッチをせずにいきなりハードな運動を始めると、怪我につながります。

私は、ろくな準備運動もせずにランニングを無理に続けていたら、疲労骨折していた事があります。

あまりにも痛い為診察してもらったら、疲労骨折していました。

準備運動もですが、運動後のストレッチも怪我をしない為には必要だと言われました。

自分の体力や筋力に見合った運動量を、正しい方法でしなければ大けがしてしまします。

筋トレも同じで、とても辛いと感じるレベルの筋トレは、長続きしませんでした。

長続きする運動方法

運動を継続して続けたいのであれば、毎日の通勤の一部をウォーキングやランニングに置き換えたり、気持ちよいと思うレベルの筋トレであれば長続きすると思います。

いつもの生活習慣のルーティーンに組み込んだり、気持ちが良いという快感の得られる方法であれば、長続きするような気がしませんか?

TVで紹介される●●ダイエットは効果が無かった

りんごダイエットやバナナダイエット、ヨーグルトやオリーブオイルと、食事ダイエットはよくTVで紹介されていますが、私はすぐに飽きてしまい続きませんでした。

オリーブオイルや酢を飲むダイエットも試してみましたが、気持ち悪くなって辞めてしまいました。

外食も多く、家で食事するのは朝食だけの為余計に続かず、体重も一向に減少しませんでした。

毎食、きちんと時間をかけて調理して食べる時間のある方であれば、効果があるかもしれませんね。

ダイエット関連の商品

老廃物を出すビニールスーツ

私が最初に買ったダイエット用品は、お風呂で着る謎のビニールスーツでした。

これを着て湯船に入れば、老廃物が排出されてドロドロの汗が出る、という商品でした。

ドロドロの汗どころか、汗すらほとんど出ず、ただただ気持ちの悪い人型のビニール袋でした(笑)

一枚5,000円以上して、3枚も購入しましたが1キロすら減りませんでした。

ダイエットクッキー

空腹を紛らわせてくれる、という謳い文句のクッキーでしたが、全く空腹がまぎれることはなく、クッキーを食べまくるという結果になりました。

減量どころか、増量したのでは?と思います。

補正下着

これはそもそも、痩せる効果がある訳ではなく、体のラインを綺麗に見せるという効果がある商品なので、減量とは少し異なるかもしれませんが、私は抜群に効果がありました。

ちょうど極端な食事制限をして、減量していた時期に購入したというタイミングでもありましたが、本当に体のラインが美しく変化します。

しかし、補正下着は驚くほど高額です。

そして、サイズが変われば購入しなおさなければなりませんし、下着を着けなければ元の体型に戻ってしまいます。

根本的に体型を変えたいのであれば、ある程度の筋肉が必要ですので、下着を着けただけで痩せたり、美しいボディラインになるものではありません。

体をがっちりと下着でカバーされているような窮屈さがある為、長時間同じ姿勢で仕事をしていると、とても苦しくなります。

補正下着は高額だからこそ、これだけの大金を支払ったのだから絶対に綺麗になってやる!という強い意思は持てると覆います。

見た目は7キロ痩せれば変わる

実際のところ、何キロくらい痩せれば人は見た目が変わるのでしょうか?

私は、身長差がありますので個人差はあると思いますが、女性であれば約7キロ痩せればかなり見た目は変わると思います。

最初に5キロ痩せた時はあまり言われませんでしたが、それ以上痩せてから会う人には必ず「痩せたよね!?」と驚かれました。

もちろん12キロも痩せた時は、「大丈夫?」と心配される程、だれがどう見ても痩せたとわかる程の変化があったかと思いますが、7キロ減の頃から必ず「痩せた」と言われるようになりました。

なので、極端に10キロ以上のダイエットをしなくても、7キロを目標にすれば他人から気付かれるくらいに見た目が変化すると思います。

まとめ

人から明らかに「痩せた」、と言われる程見た目を変化させたいのであれば、7キロ以上痩せたら十分だと思います。

高額なダイエット関連の商品を購入するのも一つの方法かもしれませんが、まずは簡単なストレッチや出来る範囲の食事の管理をする事をお勧めします。

様々なダイエット方法がありますが、自分の生活習慣に組み込めて、心地よいと思える方法であればダイエットは継続出来ると思います。

そして、自分が何が原因で太るのかを知る事も、ダイエットの近道だと思います。

太りやすいのではなく、単純にむくみやすいのであれば、塩分コントロールはおススメですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました