キウイダイエット1週間で痩せた?

キウイダイエット
スポンサーリンク

食物繊維・ビタミンC等栄養素が豊富で、便秘や美容・ダイエット効果があるフルーツとして、バナナと並ぶ人気なのがキウイです。

働きながら忙しい朝も、そのま食べたり、スムージーやヨーグルトに入れたりと、簡単に調理できるレシピも多いので、飽きずに食事に取り入れる事が出来ます。

ダイエットオタクの私も、現在キウイダイエットに挑戦中です。

その効果ですが、利尿作用が抜群にあり、むくみ予防にはとても効果があるように感じます。

キウイダイエットの経過、その効果を解説していきます。

スポンサーリンク

キウイダイエット1週間の効果

さて、キウイダイエットを始めてみての効果ですが、抜群に利尿作用がある為体重は少し減りました。

といっても、200~300グラム程度です。

極端に減る訳ではありませんが、1カ月通して続けていると、ある程度食べてもあまり体重が増えない気がしました。

ダイエットグラフ

ちょうど11月に入ったあたりに始めたのですが、最初すぐに46.4キロ→45.9キロになったので、これはすごい効果だ!!と思いました。

さすがに生理周期になると47キロまで増えてしまい、やはり効果は無かったか?と思いましたが、その後またゆるやかに体重が減少していき、12月にはまた45.9キロまで減少しています。

ちなみに、私が食べていたのは無農薬のキウイで品種はレッドサンという品種です。

品種の違いは後ほど解説致します。

レッドサンキウイ

キウイダイエットの方法

キウイダイエットの方法は、主に朝キウイと夜キウイの2つの方法があります。

朝キウイダイエット

  • 朝食をキウイ1~2個に置き換える
  • 皮がついたままスムージーにして飲む



朝食をキウイに置き換え、摂取カロリーを抑えるダイエット方法です。

朝食の量を減らしてデザートにキウイを取り入れたり、スムージーにしてもOKです。

朝にキウイとヨーグルトを一緒に食べると、ヨーグルトの乳酸菌が腸のぜん動運動を活発化させ、キウイに含まれる食物繊維との相乗効果によって高い便秘の解消効果が期待できると言われているので、便秘の人は朝キウイがおすすめです。

夜キウイダイエット

  • 夜の食事でキウイを1~2個食べる
  • キウイを食べる分、炭水化物を減らす

腸の動きは午前0時前後に最も活発化するため、夜にキウイを食べて食物繊維を摂取すると、翌朝の便通がスムーズになる効果があるようです。

夕食で摂取した肉や魚などのタンパク質の消化を促す作用が期待できます。

自分の生活スタイルと合った方法を選ぶとよいですね。

ちなみに私は、朝・夜どちらでもなく、昼キウイダイエットをしています。

(皮はどうしても苦手なので、剥いて食べています。)

理由は、

  • 便通に問題はなく、主にむくみの解消を期待しているため、立ち仕事をしている時間帯に摂取したい。
  • 昼は仕事が忙しいため、ゆっくりと食事を取る時間がなく、キウイくらいしか食べられない為。

自分の生活スタイルには、昼キウイダイエットが一番続けられると感じたので、昼でチャレンジしています。

それなりに効果はあるので、昼キウイダイエットなら続けられるという方は、挑戦してみてはいかがでしょうか?

キウイダイエットの注意点

普段の食事のデザートとしてキウイを取り入れる場合は、ご飯やパンなどの炭水化物が含まれる主食を控えめにするのがポイントです。

キウイを食べ過ぎることで果糖の摂り過ぎによって太るリスクが高まります。

いつも通りに食事をした後にキウイを食べても、カロリーや糖質の摂り過ぎとなって太る恐れがありますので注意してくださいね。

キウイのダイエット効果

キウイはダイエットに向いた食材と言われていますが、どのようなダイエット効果があるのでしょうか。

キウイを食べることで期待できるダイエット効果・キウイに含まれる栄養素を調べてみました。

むくみ解消の効果

キウイにはカリウムが含まれており、このカリウムにはむくみを解消する作用があります。

カリウムの働きによって体内の余分なナトリウムが体外に排出されると、むくみを改善する効果が期待できます。

前回、ダイエットには塩分コントロールがとても効果的だというブログを書かせて頂きましたが、上手にコントロールする為には、このカリウムとナトリウムのバランスがとても重要なのです。

体が常にむくんだ状態になると体内の脂肪が増加しやすくなり、太りやすい原因になります。

むくみを解消することで痩せやすい体質に近付けるていきましょう。

便秘解消の効果

キウイには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。

ダイエットに向いている食材には、この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれている事は絶対条件ですよね。

水溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して便を柔らかくし、不溶性食物繊維が便の量を増やして腸の蠕動運動を促します。

この二つの効果が、便秘の解消に繋がるのです。

タンパク質の代謝を促す効果

キウイには、タンパク質の消化を促すアクチニジンと呼ばれる消化酵素が豊富に含まれています。

アクチニジンはタンパク質をアミノ酸に分解した後、脂肪を燃焼する働きを持つLカルニチンとして合成されます。

肉や魚などを食べた後にキウイを食べると、アクチニジンの作用によって消化が促進され、ダイエット効果があるようです。

美肌・美容効果

キウイには、ビタミンCとビタミンE、ポリフェノールは、美肌や美容に効果的な栄養素が含まれています。

これらの栄養成分は、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、ダイエットの食事制限をしている場合は、肌荒れをケアすることができます。

キウイの品種

スーパーで見かけるキウイは、主に緑と黄色だと思いますが、ダイエットに向いているキウイはどのキウイなのでしょうか?

緑色のキウイが食物繊維が多く、カロリーや糖質が少ない為ダイエットに向いていると言われています。

緑肉種(グリーンキウイ)

果肉が緑色をしたキウイは、緑肉種(グリーンキウイ)と呼ばれていて、市販されているグリーンキウイのほとんどが「ヘイワード」種の系統です。

甘みと酸味のバランスのとれた味わいが特徴です。

食物繊維やβカロテンなどの栄養素を多く含んでいて、黄肉種と比較してカロリーや糖質が少ないため、ダイエットには緑肉種が人気です。

黄肉種(ゴールデンキウイ)

果肉が黄色いキウイは、黄肉種(ゴールデンキウイ)と呼ばれています。

酸味が少なく甘みの強いキウイです。

黄肉種には、ビタミンCが緑肉種の2倍以上も含まれています。

レッドサン

私が最初食べていたのは、希少品種のレッドサンです。

希少品種なのであっという間に販売終了した為、その後はヘイワードで挑戦中です。

皮には毛がなく、果肉は赤く甘みの強いキウイです。

緑のキウイのような、喉や舌のイガイガした不快感はほとんど感じません。

サンゴールドキウイと同程度のビタミンCを含み、アントシアニンといった抗酸化物質も含まれています。

美肌づくりに欠かせないビタミンCはもちろんのこと、アンチエイジングに効果的といわれている抗酸化物質「アントシアニン」というポリフェノールを摂取できます。

ダイエットには、緑のキウイが向いていますが、キウイが苦手という方にはぜひ食べて頂きたい品種です。

まとめ

キウイには食物繊維やビタミンCが豊富に含まれている為、ダイエットだけでなく美容にも効果があるフルーツです。

1日1~2個食べるだけという手軽さも、ダイエットを継続しやすい理由です。

個人差はあると思いますが、利尿作用が抜群に高く、むくみやすいタイプの方には向いているダイエット方法だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました