夫の扶養からぬけだしたい【ネタバレ】⑧

夫の扶養を抜け出したい⑧
スポンサーリンク

レタスクラブやめちゃこみアプリでも試し読みできて高評価の「夫の扶養からぬけだしたい」。

仕事を辞め、家事・育児に奮闘する専業主婦ももこと、夫婦関係に理解がないモラハラ夫つとむ

つとむとのモラハラ生活に疲弊し、次第にももこは「離婚」を考えはじめます。

まずは収入を得て、夫の扶養からぬけだそうとする専業主婦の挑戦のお話です。

作者のゆむいさんのやわらかな絵のタッチとは裏腹に、息が詰まる泥沼ストーリーの漫画です。

FPさんの扶養制度のプチコラムページもありますので、本気で扶養から抜けたいと考えている方には勉強になる一冊です。

今回は第8章「辞めたいなら、辞めてもいいよ」です。

☆一冊無料で読みたい方はこちらから!!↓↓

漫画は電子書籍で読むのがお得です!!

スポンサーリンク

第7章 あらすじ

数日後ももこはひとみに現状を相談すると、

「ももこ 両立を目指すのはちょっと置いといて
他の手段を考えてみたら?」

実家が遠距離のひとみは、

  • 食洗機
  • お掃除ロボ
  • AI家電
  • 宅配

など初期費用はかかるけど、お金で解決できる方法を提案します。

「それはやっぱり まとまったお金がないとマネできないよ」

そう言うももこに、ひとみは

断捨離や家事の外注も提案します。

「・・・外注!!!と、いうと?」

「家事代行サービス
セレブじゃなくても手が届く値段で頼めたりするんだよ」

プロの力を頼ってみるのもアリかもしれない、と思ったももこは家事代行を依頼します。

仕事が忙しくて結局汚い部屋のまま、当日家政婦さんを迎え入れたももこ。

「部屋が本っ当~に荒れてるんですけど いいんでしょうか・・・」

「大丈夫ですよ!
任せてください!」

その言葉に、ももこはポロポロと涙がこぼれます。

それから2時間後・・・

プロの力ですっかり綺麗になった部屋を見て、

本当はつとむさんに協力してほしかった

2人で解決したかった

とももこは感じます。

こうして家事代行を経験することで、ももこは自分に何が必要だったかに気付きます。

第7章 「本当はあなたに協力してほしかった」のネタバレはこちらから!

登場人物

ももこ・・・出産・育児を機に、漫画家を諦めた専業主婦。
つとむ・・・ももこの夫。責任感が強く仕事熱心。
たると・・・ももことつとむの長男。

<学生時代の友人>
ひとみ・・・正社員で働くワーキングママ。
エミ・・・独身のキャリアウーマン。

<つとむの会社>
課長・・・つとむの上司。
山田・・・つとむの先輩。

第8章 辞めたいなら、辞めてもいいよ

第17話 家族ってなんだろう

4月、たるとの幼稚園の入園式です。

ここまで長かった・・・・!

「ももこがメインで送迎や父母会やることになるんだから
ももこが良いと思った所に決めていいよ」

「自由に選んでいいよ」って口ぶりだたけど

考えるのを放棄してるだけじゃない?

ももこはつとむにプロポーズされた時の事を思い出します。

「ももこ ずっと一緒にいようね」

「・・・うん」

一緒にいたけど 一緒じゃなかったなぁ

いつも仕事

やっと帰ってきたと思ったら テレビをつけてお酒を飲む

ゆっくり話す時間もないし

話をしたって なぜかいつも私が責められる展開になる

家族ってなんだろう・・・

さらに月日は流れ・・・

ももこは家事代行を利用しながら、幼稚園の父母会に参加します。

全て一人でこなし、仕事を続けたももこはついに・・・?

感想

「君が良いと思った所に決めていいよ」

保育園や幼稚園を決める時は、大抵こう言われるのではないでしょうか?

見学会は夫婦で来ている方も多いですが、実際の送迎はほとんどが母親主導です。

結局自分と子供が利用しやすい園選びをするのが一番です。

しかし、相談には乗ってほしいのだけどなぁと感じる第17話でした。

仕事が軌道に乗ったももこが、今後どのような選択をしていくのかがとても楽しみです。

第18話 休みたい 逃げたい 行きたくない

翌朝、ふっきれた表情のももこを見てつとむは

「いいよなー主婦は・・・
自分のペースで動けて」

とつぶやきます。

朝からやめてよ

とももこも苛立ちますが、その日はつとむの会社に本社から社長が来る日でした。

あああああ本当に嫌だ

電車に乗るつとむの心の声が漏れだしてきそうです。

できなかった責任を全部僕1人に背負わせて・・・

連日終電ギリギリまで仕事しても終わらない

休めるもんなら休みたい

いや

もう全て投げ出して逃げたい

そんなことできないけど

僕が・・・

僕が頑張らなきゃ

僕は今逃げちゃダメなんだ

考え事をしながら歩くつとむを見つけた会社の後輩が見た光景とは・・・?

感想

朝からももこに嫌みを言うつとむのシーンから始まりますが、ももこの心はもう終わりにする準備が整っています。

そんなももこの気持ちも知らず、その日の嫌なプレゼンの事をもんもんと考えながら会社へむかうつとむの姿が印象的な第18話です。

これまではモラハラシーンが多いつとむでしたが、今つとむの置かれている状況・その状況から逃げられない重圧が伝わってきます。

これはきっとどの家庭でも、大黒柱を担っている方が感じている事なのではないでしょうか?

やりたい事で自由に働く事と、家族の生活の為に働く事では同じ働く事でも全く意味が違ってくると言う事が感じられます。

その意味をももこは感じる事ができるのか、これからの展開が気になります。

第19話 つとむさんの状況、たるとの気持ち

朝たるとを幼稚園に送ろうとしていた頃、つとむの会社からももこのスマホに着信があります。

「もしもし?」

「小宮さんの奥さんですか!?」

「はい・・・」

「旦那さんが会社近くの横断歩道で車に轢かれまして・・・」

「中央病院に搬送されました!」

つとむさん・・・なんでこんなタイミングで・・・

病院に着いたももことたるとは、轢かれてボロボロになったつとむを目の当たりにします。

「パパ!!」

「・・・たると?」

意識がある!

「パパ 血がいっぱい!
お洋服ビリビリ!?」

「パパ死んじゃうの!?」

その言葉にももこはハッと我に返ります。

たると・・・

たるとの気持ちを・・・

私は・・・

今まで置き去りにしてた・・・

そんなももこに、事故を目撃していた会社の後輩は詳細を語ります。

「小宮先輩車に轢かれた直後に起き上がって・・・」

「行かなきゃ・・・
会社・・・」

周囲の目撃者達に止められても、

「そんなことしてる場合じゃない!
どこも痛くないから大丈夫だ!」

「今日は絶対会社に行かなきゃいけないんだ!!」

「僕がやらなきゃ・・・
僕が・・・」

そう言いながら倒れた事を、ももこは知ります。

後輩から、つとむがずっと1人で責任を背負い、おかしな比重の仕事を押し付けられていた事を聞かされます。

「もう本当に文字通りボロボロっすよ・・・」

その話を聞いたももこですが、

・・・つとむさん・・・

だからって・・・

許せるものじゃない・・・

・・・でも

つとむさんの状況も たるとの気持ちも

こんなことになるまで気付けなかった・・・

ももこは医師から、つとむが肋骨2本背中側にヒビが入っている事を聞かされ動揺します。

そんなももこにつとむは、

「ももこ もう・・・僕・・・
仕事辞めていい・・・?」

えっ・・・

つとむさんが初めて弱音を吐いた・・・

「辞めたいなら 辞めてもいいよ」

「!」

思わずそう言ってしまったももこの本心とは・・・?

感想

せっかく扶養を抜け出せる収入を手にしたのに、そのタイミングでのつとむの事故。

「夫の扶養から抜け出したい」最大の衝撃の第19話です。

せっかく終わりにする準備が整い、後はつとむに話すだけのところにきていました。

しかし、ここにきて初めてたるとの気持ちを置き去りにしていた事に気付きます。

本来なら一番に考えなくてはならないたるとの気持ちを後回しにする程、ももこは追いつめられていたのでしょう。

何も気づいていないつとむは、初めて弱音を吐きますがももこの回答に不安を覚えたのではないかと感じる第19話です。

覚悟を決めていたはずのももこと、弱音を吐いたつとむがどのような変化が生まれるのかが楽しみです。

第9章「人は、そんなにすぐに変われるもの?」ネタバレはこちらから!

夫の扶養からぬけだしたいのネタバレを第1話から読みたい人はこちらから!

夫の扶養からぬけだしたいを無料で読む方法

連載されていたママの求人やレタスクラブで、第2話まで無料公開されています。

☆一冊無料で読みたい方はこちらから!!↓↓

登録後31日間無料で漫画が読める♪

↓↓今なら最大70%OFF!!電子書籍ストアはレンタルよりお得です♪↓↓

新規登録で70%OFFクーポン配布♪
国内最大級の品揃え【DMMブックス】

初回半額クーポン配布(6回まで)♪
国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

購入ポイント還元最大50%♪
無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました